« コブリン at 浜離宮朝日ホール | トップページ | スウィング・ガールズ »

2005年3月23日 (水)

長谷川等伯展

tohaku東京にきたら、ついでに美術館を見てくることにしているのだが、昨日は月曜祝日の翌日で、国立系はどこも休館。
それで出光美術館に「長谷川等伯展」を見てきた。

ごく最近までいわゆる日本画って、東山魁夷や平山郁夫みたいに、単にノスタルジーをかきたてる、きれいな色を使うだけの絵という印象があり、あまり興味を持てなかった。
そうした先入観をひっくり返してくれたのが、京都国立博物館でやっていた「若冲」展。若冲はその後、僕みたいな人たちに支持されて、ペットボトルにまで絵が使われるほどのブームになったが、僕自身もその後ぼちぼち近世の日本画を興味を持って見るようになっていった。

というわけで「長谷川等伯展」だが期待に違わぬ内容だった。
水墨画も大変趣深かったが、着色画の作品群のデザインの大胆さに特にひかれた。
特に良かったのは萩芒図の、金箔の上に細かい線の折り重なるオプ・アートのようなすすき。
柳橋水車図屏風の画面いっぱいに描かれた橋も圧倒的な壮大さを誇っていた。
展覧会としては異様に文章が多く、また美術史上、引用関係・影響関係にある作品の写真などもならべてあって、ちょうど僕のようにこれからこの時代の絵を勉強しようという人にはとても役立った。つい展覧会の解説カタログも買って帰ってしまったくらい。
どんな世界もそうだが、こういう絵の世界も、知識が増えて、「この構図は誰の絵に似ている」というようなことがわかってくると、いっそう興味深く見られるものだ。そうするとされにもっと見てみたくなって、はまっていくのだろう。そうした世界を開いてくれた京都国立博物館に感謝したい。今度、研究会やらを兼ねて京都に行くとき、また立ち寄ってこようと思う。

« コブリン at 浜離宮朝日ホール | トップページ | スウィング・ガールズ »

コメント

こんにちは。
コメント&TBありがとうございました。

旅行に行っていましたのでお返事が
遅くなってしまいました。

私も日本絵画は初心者でまだ見るもの
全て目新しく感じます。
この展覧会はそんな中でも後半の
着色画の素晴らしさ再発見できました。

オランダいってらしたんですね。リーダーに登録しました。
僕のほうは、京都の智積院行ってきました。
またお話きかせてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3326620

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川等伯展:

» 「新発見・長谷川等伯の美」展 [弐代目・青い日記帳]
出光美術館で開催中の「新発見・長谷川等伯の美」展に行って来ました。 長谷川等伯の筆による作品は全部で次の7点が展示してありました。 「松に鴉・柳に白鷺図屏風」「竹に虎図屏風」「竹鶴図屏風」 「波龍図屏風」「四季花鳥図屏風」「柳橋水車図屏風」「萩芒図 [続きを読む]

» 国宝「松林図屏風」を見に行く [NPO君日記]
 昨年秋に能登演劇堂 へ行った時、せっかくだからと県七尾美術館 に立寄りましたが、開催していたのが第9回「長谷川等伯 展」でした。  その時に「来年は第10回に当たるし、市町村合併で新七尾市が誕生するのを記念して「松林図屏風」が里帰りする」という [続きを読む]

» 国宝「松林図屏風」を見に行く [NPO君日記]
 昨年秋に能登演劇堂 へ行った時、せっかくだからと県七尾美術館 に立寄りましたが、開催していたのが第9回「長谷川等伯 展」でした。  その時に「来年は第10回に当たるし、市町村合併で新七尾市が誕生するのを記念して「松林図屏風」 [続きを読む]

« コブリン at 浜離宮朝日ホール | トップページ | スウィング・ガールズ »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ