« ハムのお見合い その2 | トップページ | メロディ・イン・アリス (劇団It's Secret第13回公演) »

2005年5月15日 (日)

イル・マーレ

 冒頭の15分近く、どんな話になるのかさっぱりわからないのに、空気の肌触りまで感じさせる映像に魅せられて少しも退屈しない。
 映画を見終わって最初のシーンを見返すと「ああ、そういうことだったのね」とやっとわかる。
 そんな映画だ。きっとそこまでやっても観客がついてくるという自信があるのだろう。二度見る客もいるはずだときっと考えている。その自信は十分内容のあるものだった。

 筋書きだけでなくいろいろな面で、岩井俊二の「ラブレター」の影響は多分受けていると思う。ただし、日本でも岩井の亜流みたいな映像をたくさん見るようになったけれど(注1)、このイ・ヒョンス(李鉉升)はその影響をきちんと消化して自分のものにしているように感じる。
 日本で公開されていた頃見てきた知り合いに、「きれいだけれど感傷的な映画だね」と聞いて、「韓国映画で感傷的ならちょっと僕には見られないだろう」と思いずっと敬遠していた。その時点で僕が見てた韓国映画が何だったかもう忘れたが、たとえば「冬ソナ」みたいな感じのものや、もっと古い日本のヤクザ映画みたいなノリのものだったと思う。そういうのをいくつか見て、「僕には韓国映画は見られない」という印象がずっとあったんだけれど、「JSA」や「花嫁はギャングスター」など、おっと思わせる韓国映画を見てだいぶその印象も変わってきた。
 
 そういうわけでやっと見たこの「イル・マーレ」、なかなかよかった。ただ音楽は「こういうのって、おしゃれでしょう?」みたいなとってつけた感じがする。それでも我慢できるくらい映像が美しいし、そういう音楽もだんだん気にならなくなる。撮影監督が誰だか分からないのだが、他の作品もぜひ見てみたいものだ。
 
 今この映画の題名で検索したら、キアヌとサンドラ・ブロックのスピードコンビでリメイクをするらしい。アメリカ人もいい加減オリジナルでそのまま他国の映画を見る楽しみを覚えたらいいのにね。
 
注1 岩井俊二の助監督をずっとやっていた行定勲とかはその典型なんだけれど、「セカチュウ」とか見ると、表面的なテクニックだけを真似してて、内容がともなってない感じがすごいした。ダメの典型。
 

« ハムのお見合い その2 | トップページ | メロディ・イン・アリス (劇団It's Secret第13回公演) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3326663

この記事へのトラックバック一覧です: イル・マーレ:

» DVDにて イルマーレ イ・ジョンジェ&チョン・ジヒョン [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
韓国映画 「イルマーレIl Mare」(原題 時越愛 시월애)を観ました。 主演は「猟奇的な彼女」の「チョン・ジヒョン」と「ラスト・プレゼントの「イ・ジョンジェ」。 ネタバレ注意 なんと分類すればいいんでしょう?ラブ+ファンタジー・・・ 全篇を [続きを読む]

« ハムのお見合い その2 | トップページ | メロディ・イン・アリス (劇団It's Secret第13回公演) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ