« 日本人の政策判断能力はなぜ低いのか (小泉氏の決断について) | トップページ | Before Sunset (ビフォア・サンセット) »

2005年8月11日 (木)

恋人までの距離 (Before Sunrise)

 続編ができたということで妻と一緒に改めて見直した。良い映画という印象は残っていたが、最初に見たときよりも一層深く感じるものがあった。

 はじめて会ったときから不思議に話が合い、時間も忘れるくらい一緒に話し続けて、「好き」という気持ちがだんだんに高まっていくけれど、相手も同じように思っているのかわからなくて・・・、という不安と喜びに満ちた恋のはじまりの様子がとてもとても上手に描かれている。自分自身がそうした恋のまっただなかにあったときには、この映画は単にきれいな情景でしかなかったけれども、10年の時を経て見直すと、そうした記憶を強く刺激されるそんな映画に変わっていた。
 
 僕の大好きな映画の多くは、心情の描写のために安易にBGMに頼ることをせず、その場の実際の音を効果的に用いながら、役者の演技にかけるという選択を取っているが、この映画もその代表例と言えるだろう。特にジュリー・デルピーの演技は映画的なドラマチックさとは別の意味での「恋の駆け引き」を見事に表現している。

 また役者の演技にかけるという意味では、ひとつひとつには直接意味の無い会話を積み重ねることで、発言の内容よりも、発話行為そのものが伝える関係性に目を向けさせる技術も際立っている。イーサン・ホーク演じる男の「軽妙洒脱な台詞」も、そのように見ればかえってリアルである。

 ウィーンを舞台にしながらも、あえて観光名所をはずしながらロケを行うことで、「どこにいるか」よりも「誰といるか」をこのうえなく重視させる恋愛の心理を表現するとともに、ウィーン的にはごく普通の石畳の風景のなかにその街の魅力を上手に生かし、自分のテリトリーの外での出会いという旅のエキゾチズムを演出しているところがいかにも粋だ。
 
 これだけで完結したストーリーとしてあり、続編は不要だったように感じるが、作られてしまった以上、好奇心には勝てない。今からとても楽しみにしている。少し時間をおいて見てみたい。
 

« 日本人の政策判断能力はなぜ低いのか (小泉氏の決断について) | トップページ | Before Sunset (ビフォア・サンセット) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3326674

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人までの距離 (Before Sunrise):

» Before Sunrise??恋人までの距離(ディスタンス)?? [Rusty's Cinema Complex]
ワーナー・ホーム・ビデオ ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 『Before Sunrise』 「恋人までの距離(ディスタンス)」 ? 【About The Movie】  最近はかなり男前(以前もですが、更に良くなった!)になったイーサン・ホーク(「テイキング・ライブス」や [続きを読む]

« 日本人の政策判断能力はなぜ低いのか (小泉氏の決断について) | トップページ | Before Sunset (ビフォア・サンセット) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ