« 最近行った演奏会・展覧会 | トップページ | 東京都美術館(バーク・コレクション展) 江戸東京博物館 »

2006年1月13日 (金)

厭世フレーバー

とても力のある文章だった。特に第一章。うざくて、めんどくて、何もしたくない、という投げやりでネガティヴな勢いが、どこかでポジティヴなものに変わる。しかもそれを単純に明るいストーリーに持っていかない粘り強さがいい。そうしたエネルギーをつつむ家族全体の構図、歴史が章を追うごとにだんだん明らかにされていくのだが、ちょっと小さくわかりやすくまとめすぎた感があったのが残念と言えば残念だけど、放り出していないだけ、これからの可能性を感じさせる作家。

ちなみに同時に読んだ「川の名前」(川端 裕人)冒険ものとしてストーリー的には楽しめるけど、いかにもひとりの大人の頭の中だけにある世界という感じははじめから最後までぬぐえない。「あの頃ってこんなことを感じていたな」というようなリアルさはあまりない。そういう意味では奥田の「サウス・バウンド」も同様。

« 最近行った演奏会・展覧会 | トップページ | 東京都美術館(バーク・コレクション展) 江戸東京博物館 »

コメント

とても素敵な曲ばかりで感動しました。
了解も得ずに私のHPに素材を載せてしまいました。
私の役立ち部屋にかずまさんのホームページリンク
書きました^^;本当にすばらしい曲だと思います。
これからも宜しくお願いします!!

しばらく忙しくてブログも更新してなくて、こちらのコメントも気づきませんでした。
ありがとうございます。これからも精進していきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3326687

この記事へのトラックバック一覧です: 厭世フレーバー:

« 最近行った演奏会・展覧会 | トップページ | 東京都美術館(バーク・コレクション展) 江戸東京博物館 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ