« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月13日 (日)

ゲド戦記 映画評

この映画、見終わった時うれしくて涙がぼろぼろと止まりませんでした。

僕のHPを見られた方は、僕がどれだけル=グウィンを愛し、彼女のゲド戦記を読み込んできたかご存知だと思います。

そしてまたその一方で、僕が「千と千尋」までの宮崎アニメをどれだけ愛してきたかも、そして「ハウル」にはどんなにがっかりさせられたかもご存知でしょう。

その僕がこの映画にどれだけ期待していたかは想像していただけると思います。そしてその期待にはしっかり応えてもらえました。

僕がこの映画を評価する理由を以下に二つだけ書いてみたいと思います。

一番重要な点は、宮崎吾郎さんが、自分の語りたいストーリーを原作の世界観の中に見出し、それを語ることに成功していることです。ふつう小説を映画化するときには、あらすじを追ってそれを映像化さえすればよいと考えがちですが、彼は全く違ったアプローチでこの原作と取り組んでいます。この映画に僕が感じた、原作とも共通するテーマを一言で言えば「自分と向き合うこと」です。吾郎さんの場合それは「宮崎駿の息子としての自分と向き合うこと」だったのでしょう。でもそのテーマは僕ら一人一人だってそれぞれに引きき受けなければいけない普遍的なテーマでもあります。僕らはこの映画のストーリーとともに、あるいはそれ以上に、映画の描き方の中のほうにもその「自分と向き合う」というテーマを感じ取ることができます。吾郎さんがどのように自分のアイデンティティを見つけていったか、それをキャラクターの設定、動かし方、背景、声優さんの演技などなどに見てとることができます。そしてそのテーマは、原作のゲド戦記のストーリーと共鳴して響いてくるのです。

映画のストーリー自体はむしろ観客のカタルシスを優先し、自分の中の暗い負の部分と直接向き合わずに済むように、それを敵役に一方的に背負わせてしまっているきらいもあります。でもそうした表面的なストーリーよりも、宮崎駿ファンならジブリの作品史という文脈の中でこの作品も見るだろうし、それなら捉え方も全く変わってくるはずです。

それ以外の良い点もみなこの点に関わってきますが、もう一つだけ挙げるとすれば、それは表現にめりはりが効いていることです。もののけ姫、千と千尋、ハウルというように進化してきた宮崎アニメの映像に比べると、絵の描きこみは相当に単純化され、省力化される一方で、ラストの一連の重要なシーンや特殊効果的な映像、そして音響効果にはしっかり手間がかけられています。吾郎さんが自由に作品を作り上げるために、お金をかけすぎないということは絶対条件だったはずです。お金をかければかけるほど、営業的に自由度が少なくなっていきます。この映画はそういう意味で、やりたいことを追求するために、比較的どうでもいいことをあきらめることで成り立っています。その取捨選択のバランスの良さを僕は高く評価したいと思います。

これからこの映画を見られる予定の方で、まだ原作を未読の方、ぜひ第一巻だけでも読まれてから映画を見られることをお勧めします。ついでに宮崎吾郎さんの監督日誌も読んでおくとさらに、映画に共感できること請け合いです。監督日誌は

http://www.ghibli.jp/ged_02/

で読むことができます。ちょうど昨日の日誌に、映画をル=グウィンさんに見てもらっての感想が書かれていました。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ