« 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ | トップページ | ヌオヴォ・シネマ・パラディーソ »

2006年10月25日 (水)

[ADD/ADHDという才能

ADDというのはAttention Deficit Disorder(注意欠陥障害)の略、ADHDはそれにHyperactivity(多動)が加わる。

最近こうしたこどもが増えている、というのが教師の実感のようだが、ADD/ADHDは(特殊な例をのぞき)先天的な障害のため、教育や環境などで増えるはずもなく、おそらくこれまでは教育的に抑え込んでいたのが、個人主義的な社会の風潮の中で抑え込みができないケースが増えてきたものと思われる。

この本の主張は二点あり、
1 ADD/ADHDに見られる注意力散漫な傾向は、ふつうの人にも見られる傾向で、その違いは程度の問題に過ぎず、反対側の極には注意力が固着しすぎる、というタイプも存在する。
2 ADD/ADHDに見られる注意力が分散される傾向は、人類が淘汰の圧力にさらされた狩猟採集生活という極めて長い時間に、特に狩猟において必要な能力として適応進化したものである。

このうち1の主張は経験的に容易に検証できるはずの仮説だが、この本の中でそうしたデータが出されているわけではない。ただし素人目からはなかなか興味深い仮説ではある。
 たとえば、世の中には「一つのことに長い間打ち込み、飽きることない」という「狭く深く」タイプと、「たくさんのことに興味関心を持ち、何にでも手を出すが、比較的すぐ飽きてしまう」というタイプが存在している。この二つのタイプはある程度は教育によっても育てられる気もするし、同じ人でもその人がもともと持っている他の様々な才能の分布具合によっても変わってくるだろうが、生まれつきの性格という部分もやはり大きいだろう。
 1の仮説が主張するのは、このような「専門家タイプ<>ジェネラリストタイプ」の別は、そうした長期的活動に関することだけではなく、短期間の集中状態とも関係する、ということである。すなわち短期的にもものごとに目移りせず一つのことに集中できる人は専門家タイプになりやすいし、そうした集中がしにくい人はジェネラリストタイプになる。
 ADHDの人にいろいろな計画に手を出しながらなかなかそれぞれの計画を完遂できない、という傾向があるとすれば、こうした「短期から長期」という矢印はある程度認められそうだが、その逆は疑わしいかもしれない。つまりジェネラリストタイプの人が、短期的に集中できるかどうかは別の問題とも思える。
 ADHDに関して、専門家が書いた文章(たとえばhttp://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/ )を見ると、必ずしもそのようなことは言えないような気がしてきている。

« 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ | トップページ | ヌオヴォ・シネマ・パラディーソ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3948261

この記事へのトラックバック一覧です: [ADD/ADHDという才能 :

« 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ | トップページ | ヌオヴォ・シネマ・パラディーソ »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ