« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月25日 (水)

[ADD/ADHDという才能

ADDというのはAttention Deficit Disorder(注意欠陥障害)の略、ADHDはそれにHyperactivity(多動)が加わる。

最近こうしたこどもが増えている、というのが教師の実感のようだが、ADD/ADHDは(特殊な例をのぞき)先天的な障害のため、教育や環境などで増えるはずもなく、おそらくこれまでは教育的に抑え込んでいたのが、個人主義的な社会の風潮の中で抑え込みができないケースが増えてきたものと思われる。

この本の主張は二点あり、
1 ADD/ADHDに見られる注意力散漫な傾向は、ふつうの人にも見られる傾向で、その違いは程度の問題に過ぎず、反対側の極には注意力が固着しすぎる、というタイプも存在する。
2 ADD/ADHDに見られる注意力が分散される傾向は、人類が淘汰の圧力にさらされた狩猟採集生活という極めて長い時間に、特に狩猟において必要な能力として適応進化したものである。

このうち1の主張は経験的に容易に検証できるはずの仮説だが、この本の中でそうしたデータが出されているわけではない。ただし素人目からはなかなか興味深い仮説ではある。
 たとえば、世の中には「一つのことに長い間打ち込み、飽きることない」という「狭く深く」タイプと、「たくさんのことに興味関心を持ち、何にでも手を出すが、比較的すぐ飽きてしまう」というタイプが存在している。この二つのタイプはある程度は教育によっても育てられる気もするし、同じ人でもその人がもともと持っている他の様々な才能の分布具合によっても変わってくるだろうが、生まれつきの性格という部分もやはり大きいだろう。
 1の仮説が主張するのは、このような「専門家タイプ<>ジェネラリストタイプ」の別は、そうした長期的活動に関することだけではなく、短期間の集中状態とも関係する、ということである。すなわち短期的にもものごとに目移りせず一つのことに集中できる人は専門家タイプになりやすいし、そうした集中がしにくい人はジェネラリストタイプになる。
 ADHDの人にいろいろな計画に手を出しながらなかなかそれぞれの計画を完遂できない、という傾向があるとすれば、こうした「短期から長期」という矢印はある程度認められそうだが、その逆は疑わしいかもしれない。つまりジェネラリストタイプの人が、短期的に集中できるかどうかは別の問題とも思える。
 ADHDに関して、専門家が書いた文章(たとえばhttp://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/ )を見ると、必ずしもそのようなことは言えないような気がしてきている。

2006年10月24日 (火)

新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ

先々週、とうとうコンサーティーナを購入。ここのところほぼ毎日練習している。
ボタン式アコーディオンの一種なんだけど、とっても小さくて扱いやすい。
買ったのはこれ。
http://www.buttonbox.com/images/w15lnb.jpg

コンサーティーナは主に2タイプあって、アイリッシュで主に使われるのは僕が買ったアングロ=コンサーティーナ。GとDの音階でボタンが並んでいて、押すのと引くのとでは別の音がする。
Gの列だと、複数のボタンを同時に押すとGの和音がなり、引くとAマイナー6の和音が鳴るようになっている。同様にDの列だと押すとDの和音、引くとEマイナー6。
アイリッシュの曲の多くはD調とG調で演奏され、半音は使わず転調もあまりないから、これでほぼ十分。
ただ実際に触っていると、押すときにしかDの音がでず、引くときにしかCの音が出ない、というのがちょっと不便。というのも他の音との和音をつくるときにこの二つの音はよく使うので、引く和音の中にDを加えたい、とかそういうことがよく起こってくるからだ。

今練習しているのはホーンパイプを数曲と、ダニーボーイ。ホーンパイプの跳ねるリズムがコンサーティーナにはとても合う。ダニーボーイはゆっくりと、コードを加えて。

この感じだと、一年くらいである程度弾けるようになるのではないかと思う。

ちなみにウクレレも同時に購入。妻の方が数倍僕より上達が早いので僕は早々にあきらめ、妻にやってもらっている。
今練習しているのが栗コーダーの「オリオンビール」。一昨日やっと最後までさらえた。

2006年10月 8日 (日)

ようこそ先輩

たまたま見ていたNHKの「ようこそ先輩」、今日は詩人の伊那かっぺいが津軽の母校で先生をしていた。
自分の名前のアナグラムで面白い文を作る、というところからはじめ、自分の短所をテーマにそれを笑い飛ばす、という課題へと進んでいった。
津軽弁の「どうせおらだっぎゃ」で自分の短所を書き、「したばってん」でその短所の良い点を主張し、最後に「てが」(なんちゃって)で締める。こういうシンプルな構造にあてはめることで、面白い文章に必ずあるような「驚きと発見」をこどもたちに表現させることに成功していた。しかも自分の劣等感を転化する、ということを同時に可能にする。
番組で紹介されていた数人のこどもたちの作品にはすっかり驚かされた。

この番組で行われる授業には、教育的に疑問を感じるようなものもしばしばあったが、これは真似したくなるようなすごい授業だった。

2006年10月 5日 (木)

最近見たドラマ、映画

ずっと楽しみに見てきた「結婚できない男」が終わってしまってなんだか残念。ラストまでなかなかいい感じに作ってくれました。

ああいう、文字通りにしか言葉を理解できず、他人の感情に無関心で場も読めず、表情がなくて平気で人を傷つけることを言ってしまう人、というのは確かにいますよねー(アスペルガー症候群と言われる人々)。そういう人がかなりリアルに描かれていたように思います。

残りは最近見た映画の感想:

タイタス シェイクスピアに現代的なシーンを挿入したりしているわりには、バランスがよい。

エドTV 一人の人間に24時間TVカメラがはりつく番組を作る、というお話。
凡庸な設定の割には展開はドラマッチックで、しかも十分にリアル。ラストまで気持ちよく楽しめる。
さすがロン・ハワード。

有頂天ホテル 最初の30分間はつらいが、ホテル探偵が出てくるあたりからやっと火がついてくる。一人一人の演技は今までのイメージをひきずっており、新味には欠けるが、脚本の面白さでみせる。香取慎吾だけは変えて欲しかった。役柄どおり、本当にマイナーなこれからのミュージシャンにやってもらいたかった。篠原涼子も上手なんだけど、ちょっときれいすぎる。YOUの歌は良かった。

2006年10月 3日 (火)

速水融 『歴史人口学で見た日本』

例のトッド=速水会談を読んで、歴史人口学に興味が湧いたので、新書から読んでみることに。ほとんど知らない世界なのでいろいろ発見があった。

興味深い事実について

① 江戸時代、吉宗の治世のときから(1721-1846)全国規模で人口調査がすでに行われていたこと。ただしその調査は各藩でもともと行われた方法・基準を踏襲し、全国一律の方法ではなかったため、そこから厳密な全体の人口を知ることはできない。ただしそれぞれの藩での方法はずっと一貫しているため、地域ごとの変動などは知ることができる。
この江戸後期、全体としては日本の人口は停滞期にありほとんど増えていないのだが、地域ごとの人口変化を見ると減っていった地域と増えていった地域の差が生じている。主に減っているのは北関東、近畿圏など江戸、大阪、京都の三大都市圏周辺であり、増えているのは北陸、西中国地方、九州、四国である。この人口増加地域に薩長土肥がすっぽり含まれるのはおそらく偶然ではない。
この変化の原因と考えられるのは大都市が出稼ぎで周囲の人口をひきつけ、そこにおける高死亡率と低出産率とで人口を減らしていった、という効果である。これを速水は『都市アリ地獄説』と呼んでいる(p.65)。この高死亡率は、都市部(奈良市)および濃尾地方の宗門改帳の比較から確かめられている。
なお、こうした出稼ぎは小作人の家族で多く、彼らはその結果長い間に絶家する傾向が強い。一方、地主のこどもたちは分家を作り、それがだんだん地位を下げて自作農から小作人になっていく、というシステムがそこに存在していた。地方においては地主が人口を供給し、小作が人口を減らしていく。

この『都市アリ地獄説』は、同時期のヨーロッパにおいても確認されているらしい。
速水はこれ以上この論の意味についてこの本では詳しく述べていないが、これは無論、スペンサー=デュルケームの「人口密度上昇>分業の発達>経済の促進>さらなる人口密度上昇・・・」というような図式を覆すものである。都市は衛生状態の改善と工業化の二つの契機をともなってはじめて、そのポジティヴフィードバックをスタートさせたのだ。
衛生状態が改善されていないと、どんなに都市が工業化で人口を周囲から集めても、労働者はそこで一代で死に絶えてしまい、安い労働力は供給されない。これでは近代化のテイクオフは起こらない。

また、マルクスの言う労働者の搾取と自己疎外の理論は、むしろこの衛生革命以前の時期にこそあてはまる。というのも、彼らは奉公や小作を通じて、労働の本来の対価であるはずの自己再生産のための費用を受け取らず、搾取されることによって、絶家して消えていき、地主は彼らから搾取した「利潤」を自己の拡大再生産に投じることで分家を増やしていっているからだ。

「衛生革命」以降は、こうした搾取がむしろ生じないことで産業化は促進された。利潤は非工業化地域との価格差によって生じた。

② 江戸後期には人口は安定していたが、江戸前期は人口の爆発期であった。江戸初期の人口は、当時の肥後における人口調査結果(ここから石高と実際の人口の関係がわかる)と日本全体の石高を掛け合わせることでわかる(そこからの推測値は千二百万人)。江戸中期には三千万人近くになるので最初の百年で人口は2.5倍になったことがわかる。この人口変化の傾向は宗門改帳からわかる諏訪の結果と一致する。
 この人口爆発の原因を、速水は「勤勉革命」によるとする。速水は家畜数の減少(=資本低下)と、生活水準の向上(平均寿命の向上、旅行に出る者の増加)という事実から、実労働時間の増加によってこの生産力の向上が起こったと考える。この実労働時間の増加は、商品経済の発達により、「頑張れば報われる」というシステムが浸透したこと、(何らかの理由により)世帯規模が小さくなることによって、世帯内での協力も成り立ちやすくなったことによる、と速水は考える。ただし諏訪では世帯規模の低下は、人口増加が止まる1700年代以降も続いており、生産効率上昇との直接の関係があるかどうかは、疑わしいように(僕には)思える。

(補足)

ネットで調べてみると鬼頭 宏の『近代日本の社会変動―歴史人口学の視点から-』という本に、
20C初、都市死亡率が農村死亡率を下回る。
日本…明治20年代後半から都市発展本格化
   労働者定着→出生率上昇=都市人口の自然増加率も上昇
ということが書かれているらしい。
http://mwr.mediacom.keio.ac.jp/ito/katsudou4.html

  

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ