« ようこそ先輩 | トップページ | [ADD/ADHDという才能 »

2006年10月24日 (火)

新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ

先々週、とうとうコンサーティーナを購入。ここのところほぼ毎日練習している。
ボタン式アコーディオンの一種なんだけど、とっても小さくて扱いやすい。
買ったのはこれ。
http://www.buttonbox.com/images/w15lnb.jpg

コンサーティーナは主に2タイプあって、アイリッシュで主に使われるのは僕が買ったアングロ=コンサーティーナ。GとDの音階でボタンが並んでいて、押すのと引くのとでは別の音がする。
Gの列だと、複数のボタンを同時に押すとGの和音がなり、引くとAマイナー6の和音が鳴るようになっている。同様にDの列だと押すとDの和音、引くとEマイナー6。
アイリッシュの曲の多くはD調とG調で演奏され、半音は使わず転調もあまりないから、これでほぼ十分。
ただ実際に触っていると、押すときにしかDの音がでず、引くときにしかCの音が出ない、というのがちょっと不便。というのも他の音との和音をつくるときにこの二つの音はよく使うので、引く和音の中にDを加えたい、とかそういうことがよく起こってくるからだ。

今練習しているのはホーンパイプを数曲と、ダニーボーイ。ホーンパイプの跳ねるリズムがコンサーティーナにはとても合う。ダニーボーイはゆっくりと、コードを加えて。

この感じだと、一年くらいである程度弾けるようになるのではないかと思う。

ちなみにウクレレも同時に購入。妻の方が数倍僕より上達が早いので僕は早々にあきらめ、妻にやってもらっている。
今練習しているのが栗コーダーの「オリオンビール」。一昨日やっと最後までさらえた。

« ようこそ先輩 | トップページ | [ADD/ADHDという才能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3938153

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ:

« ようこそ先輩 | トップページ | [ADD/ADHDという才能 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ