« 最近見たドラマ、映画 | トップページ | 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ »

2006年10月 8日 (日)

ようこそ先輩

たまたま見ていたNHKの「ようこそ先輩」、今日は詩人の伊那かっぺいが津軽の母校で先生をしていた。
自分の名前のアナグラムで面白い文を作る、というところからはじめ、自分の短所をテーマにそれを笑い飛ばす、という課題へと進んでいった。
津軽弁の「どうせおらだっぎゃ」で自分の短所を書き、「したばってん」でその短所の良い点を主張し、最後に「てが」(なんちゃって)で締める。こういうシンプルな構造にあてはめることで、面白い文章に必ずあるような「驚きと発見」をこどもたちに表現させることに成功していた。しかも自分の劣等感を転化する、ということを同時に可能にする。
番組で紹介されていた数人のこどもたちの作品にはすっかり驚かされた。

この番組で行われる授業には、教育的に疑問を感じるようなものもしばしばあったが、これは真似したくなるようなすごい授業だった。

« 最近見たドラマ、映画 | トップページ | 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/3730290

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ先輩:

« 最近見たドラマ、映画 | トップページ | 新しい楽器 コンサーティーナとウクレレ »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ