« 教育は子供のためでも国家のためでもない? 宮台批判 | トップページ | ようこそ先輩 「便利を少し捨ててみよう」 »

2007年9月23日 (日)

地域での子育ての一モデルとして

NHK ETV特集 (2007/9/23) ごたごた荘の人々

 ごたごた荘は東京練馬の無認可保育所だ。行き止まりの路地の奥に立つ古めかしい建物にこどもたちの声が響く。
この保育所の特徴は、保護者と保育士が一体となって、保育所の運営方針決定から、目の前にいる子どもたちへの直接的な注意・指導まで一緒に進めていっていること。そして、違う年齢の子どもたちが兄弟姉妹のように一緒に育てられていることである。幼い子もより小さな子の面倒を率先して見ている。
 保育所にまかせっぱなしにせず、またお客としてただ文句をつけるだけでもなく、自分の子も他人の子もわけへだてなく保護者がみんなで一緒に子育てしている姿に感激した。また子どもたちが不器用ながらも一生懸命お手伝いをしている姿にも心打たれた。
 こういうやり方がもっと多くの保育所に広がって欲しい。そのためにどんなことができるか考えてみたい。
 

« 教育は子供のためでも国家のためでもない? 宮台批判 | トップページ | ようこそ先輩 「便利を少し捨ててみよう」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150203/8078601

この記事へのトラックバック一覧です: 地域での子育ての一モデルとして:

« 教育は子供のためでも国家のためでもない? 宮台批判 | トップページ | ようこそ先輩 「便利を少し捨ててみよう」 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ