2007年9月24日 (月)

ようこそ先輩 「便利を少し捨ててみよう」

今回は非電化製品、というようなシリーズの発明を行っている発明家藤村靖之の授業。
 僕は基本的にこの「ようこそ先輩」という番組は、教育というものの奥深さを無視し、教育そのものの専門家・実践家の力を軽視して、それぞれの分野の専門家なら誰でもできること、というイメージを広めようとしている問題のある番組だとずっと思っている。
 今回も、藤村の基本的な思想には共感しつつも、その教育観には大きな疑問を持たざるを得なかった。
 
「便利を捨ててみる」というのが藤村の設定したテーマだ。にも関わらず、この番組自体が「たった二日間で子どもを変える」という安易な結果を求めている。
多くの子どもは賢く礼儀正しいから、相手が求めているものをその場では返そうとする。自動洗濯機を使わずに洗濯板を使ったり、電気アイロンをつかわずに熱したフライパンを使ったり、電気炊飯器を使わずに鍋で米を炊いたり。そしてその行動に何とか意味を探そうとする。その意味として多かったのは、その行動が大変だからこそ、心が伝わり誰かが喜んでくれるということ。
でもその子達はそもそも普段から洗濯をしたりアイロンをかけたりごはんを炊いたりしていたのだろうか。それすらしていない子がほとんどだろう。もし彼らが洗濯機を使ってでも、お手伝いをしてくれれば、そしてそれが家族への感謝の気持ちのあらわれとしてなら、家族は本当に喜ぶはずだ。そうしたことならまだ続けることもできるかもしれない。でも彼らのうちこれから例えば一年たったところで、一回でももう一度同じことをやってみようというものがあらわれるだろうか。まずあらわれまい。何故か。彼らは便利さを優先する価値観を本当の意味で少しも疑っていないからだ。
ただしこの子達の中で唯一、自分自身が普段からやっていることを変えてみようとした子がいた。携帯メールを使わずに手紙を書くこと。そして手紙を書くことは、この時代においても(その使用頻度は下がりつつも)メールと並ぶ通信手段の一つとして生き続けている。手紙を書くことはそれ自体が気持ちを伝えるために行われる手段であり、相手からのポジティヴな反応が期待しやすいものである。
この子達のなかで彼の行った手紙を書く、ということだけはその後も意味を持ち続けるかもしれない。実際、僕らの中には真剣な気持ちを伝えなければいけない場面で、携帯メールよりも手紙を選ぶという人がまだ残っているのだ。
ここから、不便だからそのまま消えていってしまったものがどうして消え、不便でも残っているものはどうして残ったのか、そこまで考えさせることもできるだろう。無駄や手間こそが、思いを伝える手段として意味を持ってくる。だからこそそれより便利な手段が出てきても消えずに残っている、とも言える。
もしかしたら、あの学級の担任の教師は藤村の後を引き継いでそうしたことまで考えさせようとしているかもしれない。そうでもしなければ、彼らの価値観を変える事などできるはずもない。
しかしそうやって、教師が導いて考えさせること以上に重要なのは、この場で単純に納得しない、という態度だろう。
「便利なものがいいに決まっている」のに、どうしてこの人はそうじゃないものにこだわるんだろう、という違和感を保ち続けさせることこそが必要なのではないか。この藤村の授業はそれに対し安易に解決を与えてしまい、むしろ子どもが考え続けなくてもいいようにしてしまっている。
僕自身において、何か価値転換が起こったきっかけはいつもそのような違和感だった。僕自身の経験だけを単純に一般化できないのかもしれないが、少なくとも間違いなく言えるのは、すぐに変わるような行動では、深いところにある価値観が変わっているなど確認できないということだ。
便利な家電製品と同じように、専門家さえ連れてくれば簡単に教育は行えるという安易な思い込みを撒き散らしてしまったという意味で、この番組はむしろネガティヴな効果を及ぼすだろう。

2007年9月23日 (日)

地域での子育ての一モデルとして

NHK ETV特集 (2007/9/23) ごたごた荘の人々

 ごたごた荘は東京練馬の無認可保育所だ。行き止まりの路地の奥に立つ古めかしい建物にこどもたちの声が響く。
この保育所の特徴は、保護者と保育士が一体となって、保育所の運営方針決定から、目の前にいる子どもたちへの直接的な注意・指導まで一緒に進めていっていること。そして、違う年齢の子どもたちが兄弟姉妹のように一緒に育てられていることである。幼い子もより小さな子の面倒を率先して見ている。
 保育所にまかせっぱなしにせず、またお客としてただ文句をつけるだけでもなく、自分の子も他人の子もわけへだてなく保護者がみんなで一緒に子育てしている姿に感激した。また子どもたちが不器用ながらも一生懸命お手伝いをしている姿にも心打たれた。
 こういうやり方がもっと多くの保育所に広がって欲しい。そのためにどんなことができるか考えてみたい。
 

2006年11月22日 (水)

ヌオヴォ・シネマ・パラディーソ

久しぶりに見たこの作品。今回見たのは完全版ですが、やっぱりはじめてみた2時間版のほうが好きですね。

それにしても、こういう作品を監督は取りたかったのに、それを編集して全然違う話にしながら、しかもそれが元の作品よりも素晴らしいというのは何とも驚くべきことです。

構造主義の構造とか、ゲシュタルト知覚を説明するときによく使う「うさぎ=あひる」絵みたいに、全体が変わると部分の意味がすっかり変わってしまうのがすごい。

それにしても、編集の作業の大切さを思い知らされますね。他の作品も完全版っていろいろ見ましたが、どれも編集後のほうが良かったです。自分の思い入れよりも、他の人に見てもらうことが大切ってことですね。

論文を書いているときにもいつもこの作品のことが思い浮かびます。指導教官が言っていた「僕は倍の分量書いてから、切っていって半分に減らすことが多い」という言葉とともに。

2006年10月 8日 (日)

ようこそ先輩

たまたま見ていたNHKの「ようこそ先輩」、今日は詩人の伊那かっぺいが津軽の母校で先生をしていた。
自分の名前のアナグラムで面白い文を作る、というところからはじめ、自分の短所をテーマにそれを笑い飛ばす、という課題へと進んでいった。
津軽弁の「どうせおらだっぎゃ」で自分の短所を書き、「したばってん」でその短所の良い点を主張し、最後に「てが」(なんちゃって)で締める。こういうシンプルな構造にあてはめることで、面白い文章に必ずあるような「驚きと発見」をこどもたちに表現させることに成功していた。しかも自分の劣等感を転化する、ということを同時に可能にする。
番組で紹介されていた数人のこどもたちの作品にはすっかり驚かされた。

この番組で行われる授業には、教育的に疑問を感じるようなものもしばしばあったが、これは真似したくなるようなすごい授業だった。

2006年10月 5日 (木)

最近見たドラマ、映画

ずっと楽しみに見てきた「結婚できない男」が終わってしまってなんだか残念。ラストまでなかなかいい感じに作ってくれました。

ああいう、文字通りにしか言葉を理解できず、他人の感情に無関心で場も読めず、表情がなくて平気で人を傷つけることを言ってしまう人、というのは確かにいますよねー(アスペルガー症候群と言われる人々)。そういう人がかなりリアルに描かれていたように思います。

残りは最近見た映画の感想:

タイタス シェイクスピアに現代的なシーンを挿入したりしているわりには、バランスがよい。

エドTV 一人の人間に24時間TVカメラがはりつく番組を作る、というお話。
凡庸な設定の割には展開はドラマッチックで、しかも十分にリアル。ラストまで気持ちよく楽しめる。
さすがロン・ハワード。

有頂天ホテル 最初の30分間はつらいが、ホテル探偵が出てくるあたりからやっと火がついてくる。一人一人の演技は今までのイメージをひきずっており、新味には欠けるが、脚本の面白さでみせる。香取慎吾だけは変えて欲しかった。役柄どおり、本当にマイナーなこれからのミュージシャンにやってもらいたかった。篠原涼子も上手なんだけど、ちょっときれいすぎる。YOUの歌は良かった。

2006年9月 4日 (月)

「オズの魔法使い」

 現代日本の大人が何も考えずに楽しめる、というお話ではないように思う。はじめから最後まで違和感があり、それがある意味興味深い。
 この映画は本国アメリカでははっきり「古典」として位置づけられている。たとえばIMDbの人気投票では全体で88位、1930年代の作品で100位以内に入っている作品は他に四つだけ(チャップリンの「モダンタイムズ」と「街の灯」、ラングの「M」とキャプラの「スミス氏、ワシントンへ行く」)だ。単に平均得点が高いだけでなく、投票総数も4万以上で、1万程度のほかの四つを圧倒している。IMDbの感想を読んでも、アメリカ人の多くが子供の頃にこの作品を普通に見て育っていることが推測される(例えばBothanの発言)。想像するに、それは僕らが「日本むかしばなし」などを見て育ったのと同じような感覚なのかもしれない。
 カラーで撮られていることも大きいだろう。それは日本における白黒中心の時代にあえてカラーで撮られた「ウルトラマン」が、今でも古びていないのと同じだ。カラフルでキッチュな色使いや、書割的背景も、色とりどりに装飾された幼稚園のようなもので、意図的な演出としても十分現代の子供向けの映画においてありうるものだ。
 つまり、アメリカ人にとっては、この作品は「大人がその感性を試されるような」古典的な作品ではなく、何の違和感もなく普通に自然に楽しめるそういう作品であると言って良い。

 そのように考えると、僕らにとっての違和感はアメリカ人が当然のものとしているような、その文化への違和感とも言える。
 その違和感は物語のスタートからはじまる。ドロシーは大人に囲まれていて、誰も彼女の話をきちんと聞いてくれない。日本において、こんなにも大人の世界は子供にとって圧倒的な壁ではないはずだ。単にまわりに子供がいないという不自然さだけではない。こどもらしい可愛らしいものがそこには一切ない。
 物語の構造上、そうした「かわいらしい」こどもの夢の世界はみなマンチキンやらオズらの別世界に移されているというのはわかるが、そのこどもの世界においても僕らの目が出会うものもお世辞にも「かわいらしい」とは言えない奇妙な人々と奇妙な情景に過ぎない。しかもそこは悪い魔女が殺されたことを祝う祭が行われる単純な善悪の二元論の世界である。でも、アメリカ人にはあれは十分「かわいらしい」のだろう。
ジュディ・ガーランドが歌うあの「虹の彼方に」も、映像なしに見れば誰もが大人の女性の歌だと感じる、完成された美を表現している。それは、自分の子犬を守ろうと一大決心して家出した女の子が歌う歌としてはあまりに不自然だ、と僕らには感じられる。
この違和感は、社会における大人的な価値観の位置づけの違いから来ているのだ、と説明できそうに思う。単にアメリカと日本の文化の違いではなく、あの時代との時間的な距離も関係しているかもしれない。アリエスの描いたような大人中心の世界の余韻がまだあの映画には残存しているのだと。
 とはいえ、オズの魔法使いはアメリカにおいて、現代まで生き延びているが、戦前の日本のこども向け映画や漫画などで戦後にも生き延びているものは全くないだろう。

 戦後のこども文化がそれ以前の文化と切り離されて再出発したそのことも、日本における世代関係や成人観を形成するひとつのきっかけになっているのかもしれない、と感じさせられた。

2006年8月13日 (日)

ゲド戦記 映画評

この映画、見終わった時うれしくて涙がぼろぼろと止まりませんでした。

僕のHPを見られた方は、僕がどれだけル=グウィンを愛し、彼女のゲド戦記を読み込んできたかご存知だと思います。

そしてまたその一方で、僕が「千と千尋」までの宮崎アニメをどれだけ愛してきたかも、そして「ハウル」にはどんなにがっかりさせられたかもご存知でしょう。

その僕がこの映画にどれだけ期待していたかは想像していただけると思います。そしてその期待にはしっかり応えてもらえました。

僕がこの映画を評価する理由を以下に二つだけ書いてみたいと思います。

一番重要な点は、宮崎吾郎さんが、自分の語りたいストーリーを原作の世界観の中に見出し、それを語ることに成功していることです。ふつう小説を映画化するときには、あらすじを追ってそれを映像化さえすればよいと考えがちですが、彼は全く違ったアプローチでこの原作と取り組んでいます。この映画に僕が感じた、原作とも共通するテーマを一言で言えば「自分と向き合うこと」です。吾郎さんの場合それは「宮崎駿の息子としての自分と向き合うこと」だったのでしょう。でもそのテーマは僕ら一人一人だってそれぞれに引きき受けなければいけない普遍的なテーマでもあります。僕らはこの映画のストーリーとともに、あるいはそれ以上に、映画の描き方の中のほうにもその「自分と向き合う」というテーマを感じ取ることができます。吾郎さんがどのように自分のアイデンティティを見つけていったか、それをキャラクターの設定、動かし方、背景、声優さんの演技などなどに見てとることができます。そしてそのテーマは、原作のゲド戦記のストーリーと共鳴して響いてくるのです。

映画のストーリー自体はむしろ観客のカタルシスを優先し、自分の中の暗い負の部分と直接向き合わずに済むように、それを敵役に一方的に背負わせてしまっているきらいもあります。でもそうした表面的なストーリーよりも、宮崎駿ファンならジブリの作品史という文脈の中でこの作品も見るだろうし、それなら捉え方も全く変わってくるはずです。

それ以外の良い点もみなこの点に関わってきますが、もう一つだけ挙げるとすれば、それは表現にめりはりが効いていることです。もののけ姫、千と千尋、ハウルというように進化してきた宮崎アニメの映像に比べると、絵の描きこみは相当に単純化され、省力化される一方で、ラストの一連の重要なシーンや特殊効果的な映像、そして音響効果にはしっかり手間がかけられています。吾郎さんが自由に作品を作り上げるために、お金をかけすぎないということは絶対条件だったはずです。お金をかければかけるほど、営業的に自由度が少なくなっていきます。この映画はそういう意味で、やりたいことを追求するために、比較的どうでもいいことをあきらめることで成り立っています。その取捨選択のバランスの良さを僕は高く評価したいと思います。

これからこの映画を見られる予定の方で、まだ原作を未読の方、ぜひ第一巻だけでも読まれてから映画を見られることをお勧めします。ついでに宮崎吾郎さんの監督日誌も読んでおくとさらに、映画に共感できること請け合いです。監督日誌は

http://www.ghibli.jp/ged_02/

で読むことができます。ちょうど昨日の日誌に、映画をル=グウィンさんに見てもらっての感想が書かれていました。

2005年11月17日 (木)

みなさん、さようなら

 ひさしぶりにじんわり良い映画だった。

 テーマは伊丹の「大病人」などと一緒で、「自分ならこう死にたい」というのが基本線。そういうあまりに人類共通のテーマなだけに、一歩間違うと低俗なお涙頂戴か、説教くさいモラリスト的な内容になるところを、インテリの諧謔的笑いで上手に包み込んでいるのが見事。

 登場人物はみんな魅力的なんだけど、一番良かったのはやっぱり息子かなあ。
 これも「今までは対立していたが、死に行く父のために、最後の親孝行をする」というそれだけ聞いたらいかにも低俗なお涙頂戴になるところを、<無口で、一般的なモラルを気にしない、過激な行動力のある冷酷非情なビジネスマン>という枠をはめることによって、エスプリあふれる笑いに持っていっているところが素晴らしい。プーチンを思い出させるような、そんなキャラがマフィアのようにたんたんと札束を積んで、父の入院先の環境をあちこちから手を回してよくしていく。
 ふつう、そういうプーチン的キャラを作ると、どこかでその冷たいスマイルの壁を壊し感情をあふれさせることで、そのギャップで物語を見せようという安易な路線に走るものだが、彼は最後の最後までほとんどそのまま。だからこそ、微妙な揺れがふっと走るだけで、すごく印象的になる。

 こういう「ずらし方」は、井上陽水なんかと近いものがあるかもしれない。

2005年8月22日 (月)

Before Sunset (ビフォア・サンセット)

この前、前作にあたるBefore Sunrise(恋人までの距離)の感想を書きましたが、こちらも期待以上の素晴らしい内容でした。

ストーリーは前作の9年後の二人の再会を描いています。男の子のほうが前作で描かれた経験を小説にまとめ、パリで行われた販促の公開インタビューの場に彼女があらわれるところからお話ははじまります。飛行機の出発時間までの限られた時間、二人はひたすらしゃべり倒す、そんなお話です

。好きな人とこれが最後の時間で、もう二度と会えないかもしれない。そういう状況のなかで、男性のほうが少しでも一緒にいたくて粘り続ける、というのは、自分自身が恋をしていた頃の記憶を揺さぶられる思いがしますね。日常的なレベルでも、終電の時間を気にしながら女の子としゃべる、というのは誰にでも経験があると思いますが、あの感じがすごくよく出ています。

このリアルさは、役者の演技力もそうですが、この映画の表現の<実験的な手法>にも多くを負っているように感じます。他の方も書かれているように、この作品の時間の流れ方は、100%リアルタイムで上映時間がそのまま作品上の時間、というように作られており、長回しが多用されるだけでなく、カットバックでも音声が連続しており、しかもその間ずっと二人はしゃべり続けているんです。そういう<実験的な手法>なのに前衛的な印象はまったくなく、見事なくらい自然で、二人の気持ちがあまりにリアルに伝わってきて、どきどきします。

あんまりリアルなんで、それこそ一発撮りみたいに見えますが、もちろん実際には、テイクを重ねているんですよね。でも容易に天候や光の状態の変わる屋外で、つなぎのない5時から7時半という時間を撮るのは相当大変だったと思います。ハリウッド映画としては異例な、15日間、それも当該する時間帯だけの撮影でこれが完成されたのは驚くべきことだし、逆に言えば、むしろそのくらい短期間にしか撮れない内容だったともいえます。役者が完璧な演技を集中して続けることができてはじめて可能になるのでしょう。

そういう意味でも、ちょっとした奇跡ともいえるような作品です。会話中心の映画が好きな人、特にフランス映画好きには特にお勧めします。

2005年8月11日 (木)

恋人までの距離 (Before Sunrise)

 続編ができたということで妻と一緒に改めて見直した。良い映画という印象は残っていたが、最初に見たときよりも一層深く感じるものがあった。

 はじめて会ったときから不思議に話が合い、時間も忘れるくらい一緒に話し続けて、「好き」という気持ちがだんだんに高まっていくけれど、相手も同じように思っているのかわからなくて・・・、という不安と喜びに満ちた恋のはじまりの様子がとてもとても上手に描かれている。自分自身がそうした恋のまっただなかにあったときには、この映画は単にきれいな情景でしかなかったけれども、10年の時を経て見直すと、そうした記憶を強く刺激されるそんな映画に変わっていた。
 
 僕の大好きな映画の多くは、心情の描写のために安易にBGMに頼ることをせず、その場の実際の音を効果的に用いながら、役者の演技にかけるという選択を取っているが、この映画もその代表例と言えるだろう。特にジュリー・デルピーの演技は映画的なドラマチックさとは別の意味での「恋の駆け引き」を見事に表現している。

 また役者の演技にかけるという意味では、ひとつひとつには直接意味の無い会話を積み重ねることで、発言の内容よりも、発話行為そのものが伝える関係性に目を向けさせる技術も際立っている。イーサン・ホーク演じる男の「軽妙洒脱な台詞」も、そのように見ればかえってリアルである。

 ウィーンを舞台にしながらも、あえて観光名所をはずしながらロケを行うことで、「どこにいるか」よりも「誰といるか」をこのうえなく重視させる恋愛の心理を表現するとともに、ウィーン的にはごく普通の石畳の風景のなかにその街の魅力を上手に生かし、自分のテリトリーの外での出会いという旅のエキゾチズムを演出しているところがいかにも粋だ。
 
 これだけで完結したストーリーとしてあり、続編は不要だったように感じるが、作られてしまった以上、好奇心には勝てない。今からとても楽しみにしている。少し時間をおいて見てみたい。
 
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ